火災保険で補償してくれる料金はどの程度か

時価での補償内容で契約すると

火災保険を契約する時に気をつけたいのが、万が一火災を起こしてしまった場合の補償内容として、どこまでを保険会社が補償してくれるかですよね。これについては、保険会社との契約書の内容が補償内容を左右することになりますので注意が必要です。まず、補償の内容を「時価」で行うと契約書に定められていた場合は、新築で5000万円で買った家であっても全額を補償されるという事は無いんですよ。その当時の相場をもとに補償額が算定されるので注意が必要ですね。

新価補償をしてくれる保険会社を選ぶとどうなる?

火災が万が一起こってしまって住む場所がなくなってしまった場合、次に住む場所を検討する事になりますよね。そんな時に、火災保険により補償を行なってもらう事の出来る範囲が大きければすぐに新しい家を建てる事ができますよ。保険会社との契約の際に、「新価」での契約を行っておけば、新居を買った当時の相場での火災保険の補償を受ける事ができますので安心ですね。しかし、保険料は若干高くなってしまう等のデメリットもあるので注意が必要ですよ。

家財にも十分な補償を検討しよう

火災により家が丸ごと焼失してしまった場合、当然インテリア等の家財道具も無くなってしまいます。火災保険の補償により新居を建てたとしても、家具が無い家では非常に使い勝手が悪いですよね。そんな事が起こらないようにするためには、家財道具についてもしっかりと保険に入っておく事が必要でしょう。家財は生活状況によって増えたり減ったりしますので、その時の家財の時価総額をしっかりと把握し、必要なプランを適切に選択することが正しい火災保険の選び方と言えますね。

火災保険は絶対に入っておきましょう。大手の保険会社もいろいろあります。保険の内容も様々ですので、きちんと納得いくまで説明を聞きましょう。